JBC・CSR基金について
奨学金プログラム
奨学金の概要
・ 応募の手順
助成金プログラム
助成先紹介
お問い合わせ
 
 奨学金プログラム

2016年度の一般枠奨学金の応募登録は、5/31が期限です。


■ 2016/05/27追記 ■
熊本地震で被災された方を対象とする「緊急枠」を設定しました。
この緊急枠は、一般枠とは条件が異なります。
詳しくは「熊本地震緊急枠」のお知らせをご覧下さい。


 JBC・CSR基金は、意欲と能力を持ちながら、経済的な問題などで勉学の
機会に恵まれない青少年を応援します。学校での勉強だけでなく、様々なスポー
ツや文化活動など、高校生の時代だからできること、高校生の時代にしかできな
いことに、思う存分、取り組んでいただきたいと思います。それが将来に向けて
の大きな財産になることを期待しています。

 審査に当たっては、応募者ご本人の積極性や想像力、学ぶ意欲等と、ご家庭の
経済的な事情などをJBC・CSR基金の理事会で総合的に検討した上で、奨学
金支給の可否を決定いたします。  
 特に、将来、新しいビジネスの開拓や起業を目指す方、社会の様々な  
分野でリーダーシップを発揮していくような積極性のある方を重点的に  
応援していきたいと考えていますので、意欲的な応募を期待しています。

対  象 @一般枠:2016年度に高等学校(高等専門学校を含む)に入学する方、
および在学中の方(※1)
A田村特別枠(※2):愛媛県宇和島市に在住、在学の方で2016年度に
高等学校(高等専門学校を含む)に入学する方、あるいは在学中の方
B沼津東高校特別枠(※3):静岡県立沼津東高校の第1学年に在学中で学校長の推薦を受けた方
金  額 @ABとも 月額3万円(年間36万円)
支給期間 @ABとも 2016年度〜正規の卒業年度
返  済 @ABとも 返済の義務はありません。
ただし、次の世代の高校生を応援するため、卒業し就職した後は、
可能な限り、「卒業生支援会員」として、JBC・CSR基金に、
月々1万円の寄付をしていただくことをお願いします。


「卒業生支援会員」として寄付をするかどうかは、卒業、就職し、収入が安定するころまでに決定していただければ結構です。寄付の金額、開始時期および寄付方法は任意ですが、当基金としては、以下のかたちで支援していただくことを希望します。
・寄付の目標額は、受給した奨学金総額の半額相当とする。
 例:3年間で108万円の奨学金を受給した場合、54万円が寄付の目標額となる。
・寄付の方法は、就職から半年後から、月々1万円を卒業生が当基金の指定口座に振り込むこととする。
・当基金からは、就職の頃に卒業生に寄付の依頼をするが、卒業生が寄付に同意しない場合、あるいは毎月の寄付を開始後に中断した場合も、督促はしない。
利  息 @ABとも 無利息
保 証 人 @ABとも 不要ですが、保護者または親族等の1名を連絡先として届け出ていただきます。
募集人員 @一般枠:20名    
A田村特別枠:若干名  
B沼津東高校特別枠:1名    
備  考 ※1 一般枠はどなたでも応募できます。2011年3月の東日本大震災、
   2016年4月の熊本地震で被災された方は、そのご事情も考慮しま
   す(被災されていない方も応募の対象となります)。
※2 田村特別枠は、当基金正会員の田村千秋様からのご寄付により、
   田村様ご出身の愛媛県宇和島市に在住・在学の高校生のみを対象
   として奨学生を募集するものです。
※3 沼津東高校特別枠は、当基金理事の青木巌様からのご寄付により、
   沼津東高校在学中の高校生のみを対象として奨学生を募集する
   ものです。
応募方法 @Aについて:
1) インターネットかFAXで応募登録をして下さい。
2) 事務局から応募者に、「奨学金申込書」「在籍確認書」等の申込
  書類一式を郵送します。
3) 2)の書類に記入の上、応募者本人自筆の作文と保護者の収入を
  証明する書類とともに事務局に提出して下さい。
  詳しくは、「応募の手順」をご覧下さい。
Bについて:
沼津東高校の教務担当にお問い合わせ下さい。  
申込期限 @Aについて:2016年4月15日〜5月31日までに応募登録を行った上で、
6月11日までに申込書類を郵送で提出して下さい(当日消印有効)。
Bについて:2016年5月中旬〜6月30日まで
その他 ・他の奨学金との併用も可能ですが、「奨学金申込書」に併用する
 奨学金の明細、支給条件などを記入していただく必要があります。
・奨学金を受けた方には、毎年、学業などの報告をして頂きます。
・応募に際し、当基金所定の在学証明書に学校からの確認を受けて、
 当基金へ提出していただきます。また、毎年の学業報告についても、
 学校の確認を受けていただきます。
・報告の内容は、当基金の広報誌、ウェブサイトなどに掲載する
 ことがあります。
 
特定非営利活動法人 JBC・CSR基金
〒104-0061 東京都中央区銀座7−4−12 ぎょうせいビル8階 (担当 菅波 完 : 携帯 090-5336-5236)