JBC・CSR基金について
奨学金プログラム
助成金プログラム
助成先紹介
お問い合わせ
 
設立趣旨書


特定非営利活動法人JBC・CSR基金 設立趣旨書

日本の経済社会の基盤を支えているのは中堅・新興企業であり、中堅・新興企業の活力こそが、日本の経済発展の原動力に他ならない。昨今、企業の社会的責任および社会貢献(CSR)を経営の根幹に据える大企業が急速に拡大しており、中堅・新興企業にもCSRが着実に根付いていくことが望まれるが、実際には、まだその途上にある。 自由経済・市場経済のもとでは、いわゆる「勝ち組」「負け組」とも称される社会格差の発生が避けられない。「負け組」からの再起は往々にして難しく、格差が固定してしまうおそれがある。

その状況を放置すれば、社会は疲弊し、活力が失われ、自由経済・市場経済の基盤そのものが危うくなる。

そこに格差の是正としての慈善(チャリティー)の必要性がある。もちろん格差の是正には国等の公的な役割に負うところが大きい。しかし、すべてを国に頼るべきではなく、企業などの民間の立場からも積極的に役割を果たしてくことが重要である。

この様な認識のもと、設立発起人一同は、企業活動からの収益をに元に本基金を設立し、意欲と能力を持ちながら経済的な理由等から勉学の機会に恵まれない青少年等の勉学および自立の支援、環境保全や社会格差の是正等の問題に取り組む市民活動団体等への助成等の活動を行うことで、公益に資するとともに、企業等のCSRの促進に寄与することをめざすものである。

設立発起人代表  河 合  弘 之


 
特定非営利活動法人 JBC・CSR基金
事務局:〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル3階 (担当 菅波 完 : 携帯 090-5336-5236)